サイトメニュー

検査後に受けられます

女の人

適切なケアをしましょう

小顔になる治療は美容外科などで受けられますが、近年ではメスを使用しないボトックス注射が人気となっています。ボトックスは細菌が作り出す毒素を医療で使用できるようにした医薬品であり、こわばった筋肉を弛緩させる効果や多汗症を改善する効果があります。多くの場合、エラを解消する治療で用いられており、短時間で大きな効果が得られるため評判です。ボトックス注射を行う前にはカウンセリングが行われるようになっており、どの様な治療がしたいかの相談や、今までに美容整形手術などをしてアレルギーが出たかどうかの確認などが行われるようになっています。ボトックスは副作用が少なくて安全となっていますが、万一のことを想定して治療前には検査が行われることが多くなっています。安全を重視して治療が進められるようになっているため、初めて美容整形手術を受ける方にオススメと言えるでしょう。また、ボトックスは様々な医薬品会社が製造しているため、使用する物はカウンセリング時に各自で決定するようになっています。医師の説明を受けてから自分が望む効果のある物を選ぶようにし、初めての場合はなるべく刺激の少ない物を選ぶようにすることが望ましいと言えるでしょう。ボトックスの治療後に気を付けることとして、注射をして一週間程度は患部への強い刺激を避けることが挙げられます。ボトックスの治療効果は高くなっていますが、効き目が現れるまでおよそ一週間程度かかると言われています。効き目が出ていない時期に患部を強くマッサージするといった刺激を加えると、ボトックスが患部以外の部位に拡散して効果が弱まったり、副作用などが出てしまったりする恐れがあります。そのため、効果が出るまでは患部を圧迫したりしないようにする必要があります。また、ボトックスの効き目は数ヶ月で切れてしまうため、効果が無くなってきたと感じたら治療を受けに行く必要があります。この事から、注射をしてから一か月程度経過したら、エラやシワの確認をするのが良いでしょう。ボトックスの効果は一生保たれるわけではありませんが、正しく使用してむくみなどを改善するケアを行っていればエラを解消することが出来ると言われているため、結果的に効き目を保ち続けることが出来ます。そのため、各自で適切なケアを行うことがシワやエラを改善する際に重要であると言えるでしょう。

Copyright© 2018 知っておきたいボトックスの効果【アセチルコリンの働きを弱める】 All Rights Reserved.