サイトメニュー

手軽で安全性が高いです

注射

すぐに終わります

ボトックス注射は予防接種などと同じように行います。例えばインフルエンザの予防接種は痛みが伴いますが、それは薬剤の成分が刺激になるからです。ボトックスなら刺激となる成分はないので針を刺す時だけとなります。最近の針は細いので痛みは軽減されています。痛みに強い人なら麻酔なしでの施術も可能です。しかし、注射そのものが苦手な人は苦痛を感じるかもしれません。そういう人は痛み止めとなる麻酔を打ってもらいましょう。施術時間は10分と短く、施術した直後からお風呂やメイクもOKとなります。メスを使った施術にはダウンタイムがありますが、ボトックスはダウンタイムそのものがありません。このため、仕事などで忙しく時間が確保しづらい人にも行える施術となります。痛みは当日の施術している間だけなので心配いりません。効果は数日経てば徐々に出てくるので気長に待ちましょう。メリットが多い施術ですが持続期間は3〜4ヵ月と限りがあります。ずっと効果を保っていたいなら定期的に施術を行ってください。ボトックス注射はボツリヌス菌を皮膚に注入する施術です。筋肉に軽い麻痺を起こす働きがあるので、顔の表情シワや筋肉で張ったエラなどに改善効果があります。施術後の痛みはほとんどなく、数日で効果が出てきます。ボトックス注射は美容外科や皮膚科で受けられます。クリニックが見つかったら申し込んでカウンセリングを行います。医師と相談の元で希望の部位を診察します。薬剤の量や仕上がりのイメージなどを決めていきます。施術には細い注射針が使われ、ボツリヌス菌を注入していきます。普段の注射と同じなので施術自体は5〜10分で終わります。痛みが不安なら麻酔を塗ってもらえば安心です。終わった後赤みが出ることもありますが冷やせばすぐに元に戻ります。注入が終わればすぐにメイクをして帰れます。患部に腫れが起こるときもありますがメイクでカバーできる範囲です。帰ったあとは洗顔や入浴もいつも通り行えます。普段通りの生活はできますがいくつか注意する点もあります。エラに行った場合はガムなどの硬い食べ物は控えておきましょう。足に注射をした人はしばらく過度な運動をやめてください。

Copyright© 2018 知っておきたいボトックスの効果【アセチルコリンの働きを弱める】 All Rights Reserved.